in 独り言

それぞれの桜

-0 COMMENT
IMG_1196.jpg


3年前の桜は
引っ越してきたばかりの関西で
歩きながら眺めていた

まだ、どこの桜が名所なのかもよくわからなかった


2年前の桜は
白血病にかかった次男が一時退院する時の頃
タクシーの中で
桜見れたね^^って呟きあった
あんなに切ない桜は見たことがなかった


1年前の桜は
退院した次男と京都で見た
退院して頭にちゃんと毛の生えている次男と
歩いた格別な京都
生きているって素敵なことだと思った


今年の桜は自分のための桜
大好きな人と
芦屋川でお花見をしたり
母親ではない自分の桜

命は儚く尊い


来年の桜も必ず見たいと思う


できれば笑顔で見たいと思う





セレナ
  • Share

0 Comments

Leave a comment